スマホ

実質タダ、電話だけでスマホ機種変更を完了させてしまう禁断の交換 au以外も応用可能!

こんにちは

2018年11月と12月がauのスマホ、iPhone6sの更新月になっていたので、機種変更を考えていたゆずきです。

とはいえ、普段使っている分には困っていなかったので、正直、機種変更しようか迷っていました。安さだけを考えれば格安simへの変更も良いのです。

そうはいっても1回あたりの電話が10分超えることが多いので、auの継続か、ドコモかソフトバンクへの乗り換えが私の選択肢です。

ソフトバンクは店員さんの対応がどこにいっても、説明の仕方が明らかに誤解を招くよねっていうことしかなかったので、実際、au継続かドコモへの乗り換えが選択肢です。

 

ソフトバンクの半日に及ぶ全国での通信障害、全くのつながらないという前代未聞のことがありましたよね?

ソフトバンク系列は宣伝が巧みで引きつけられますが、中身が稚拙なものほど、アピールが派手です。

吉岡里帆さんは大好きですが、ソフトバンクグループのymobileにさえ、乗り換えたいと正直、思いません。

お得にスマホを購入するポイントは3つ

  • 電話をかけ始める時期が大切
  • 諦めずに複数回電話する
  • 複数回線、他のサービスを使っている、使おうとしていること

私の場合、実は機種代金を安くできたのは2回目です。iphone6sを購入する際もキャンペーンをうまく利用して、実質3万円引きで購入できました。

今回、iphone6sからiphoneXRに乗り換えようと考えていました。iphone6sの機種代金支払いはすでに終わっていたので、残額はありません。ということで、機種変更する時期がいつでもいいわけでした。

実際にauカスタマーデスクに電話してみると・・・

たまたま、2018年10月にiphoneXRが発売するので、auに電話してみました。

ゆずき
ゆずき

実はiphoneXRに機種変更しようと考えています。

私にとって、お得なキャンペーンはありませんか?

auカスタマーデスク
auカスタマーデスク

2018年12月までのここ機種変更なら、1万円引きできます。どうされますか?

ゆずき
ゆずき

ドコモへの乗り換えなら、3万円引きで購入できるようなので、ドコモさんへ乗り換えを検討します。

auカスタマーデスク
auカスタマーデスク

了解致しました。また、気軽にお電話くださいませ。

11月3日に再度、電話してみると・・・前回の経緯から、改めてauに電話してみました。

auカスタマーデスク
auカスタマーデスク

14年au使って頂いているので、まずは2万円の郵便為替を2019年2月に郵送させて頂きます。この件に関しては、仮にauを解約されても、郵送させて頂きます。さらに2万円引きの割引クーポンのコードをお伝えさせて頂きます。

ただし、auオンラインショップのみの利用が条件です。残念ながら、実店舗では使用できません。ご了承ください。

実際にauオンラインショップの購入時に2万円引きではなく、購入が確認できた後に、2万円引きさせて頂く形になります。有効期間は1ヶ月です。とはいえ、有効期間1ヶ月以内に利用できなかった場合は、お手数ですが、再度連絡くださいませ。

つまり、機種代金の確認画面では2万円引きにされずに、購入後、後日に2万円引きされます。

クーポンをもらったけど、放置・・・

しかし、ゆずきは即決せず、迷いながら1ヶ月放置して、クーポン期限切れとなりました。その間に考えていたことがあります。

俗にいう普通の「引き止めポイント」だけなので、お得感がないし、あたり過ぎて悔しかったです。そもそも、私は14年間auでiphone6sの利用だけでなく、ipadも1年前から使用しています。

さらに2年半前からは電気、ガスをauに統一しています。

auづくめになっていたから、割引?

さらに8年前からは固定回線もauというauづくめです。本当は水道もauにしたら、光熱費すべてauでコンプリートです。水道もやっと民間に移行し始めていますが、2018年現在、口座振替か銀行振込、コンビニ支払いしか対応していません。

au、ドコモ、ソフトバンクや他の会社名義では支払いできません。auに関してはあと保険もauにすれば、 auほぼコンプリートです。自動車があればauにしたいですが、2018年現在はまだないので、東京海上日動自動車保険です。

話がそれましたが、明細を一つにまとめたかったので、auにしていたことを思い出しました。

恋愛に例えるなら、あなたの恋人が休みの日に4時間あったとします。一人に対して1時間ずつ使ってくれる恋人とあなたのためだけに4時間使ってくれる恋人なら、あなたはどちらを選びますか?

迷わず、後者のあなたのためだけに4時間を使ってくれる恋人を選びますよね?つまり、一つのメーカーであるauに多くのサービスを使ってくれている優遇したいお客かわけです。

逃したら、非常に損なわけで継続してサービスを使ってほしいはずです。

以上のことから、割引クーポンの有効切れから5日後、3回の電話をしました。

auカスタマーデスクに4回目の電話の結果とは?

3回目は2回目と同じ結果だったので、スルーしています。

1回目の際はau.カスタマーセンターからの返事が素っ気なくあっさりとしたな感じでした。2、3回目は、少しずつ丁寧になって、「上席と相談してきます」という対応で暖かみのある返事でした。

 

で、4回目はどうなったでしょうか?

3回目の上席と相談してきますの返事の続きから、実は一般には公開されていない部署があります。それは電話だけで機種変更ができる部署です。

しかも機種は限定されますが、オンラインショップや店舗より確実にお得に購入できます。

そういって頂いたので、対象機種を聞くとiphone8が9万円から3万円に、iphone XR とiphoneXSがそれぞれ2万円引きでした。個人的にiphone8 plus が対象になっていなかったのが残念でした。

とはいえ、 私は検索と簡単な写真使いがメインであり、指紋認証のほうが安心なので、iphone XR やXSというよりはiphone8が最適かなと考え、iphone8にしました。

顔認証も確かに便利で、iphone8より画面が大きくカメラ機能も向上しています。

しかし、マスクをした自分自身を認証してくれないという友達の実体験も聞いていたので、それは面倒くさいなと諦めていました。

 

指紋と顔認証両方できるなら、機種代無視でiphoneXRかXSにしていました。

郵便為替2万円に加えて、6万円機種割引、さらに翌月にはau walletに1万円分キャッシュバック、さらに2019年3月ぐらいに郵便為替2万円郵送

2万+6万+1万+2万=11万円

機種代金3万円は、毎月同額が割引されるので、自己負担金です。結果、2万円プラスです。キャッシュバック戦争が活発だった頃は、乗り換えだけで6万円くらいは普通でした。

しかし、総務省の実質、過剰なキャッシュバックは禁止となりました。それから、格安simが流行り現在に至っています。総務省の規制ができてから、表だって割引ができなくなったので、郵便為替や電話での個別的な割引額に移行したと可能性が高いです。

 

さらにスマホ代、特にiphoneやAndroidでも上位機種は10万前後が当たり前になりました。au側も高いと認識しています。とはいえ、全体的に大幅にスマホ本体価格を下げて、販売できない取り決めがメーカとの間であります。

と同時に高いままでは、自社のユーザーかま離れていくのも自覚しています。今回、結果的に収支プラス2万円になりました。

 

しかし、毎月支払いに遅れることなく、iphone、ipad、電気、ガス、固定回線を支払っているので、私自身auに投資しているわけです。

それなりに投資している人にリターンが必ず返ってきます。循環するわけです。最初にギブするから、あとからテイクがあります。だれでもキャッシュバックはほしいですが、使って数か月でキャッシュバックがほしいと伝えても、無理ですよね?

もし、私が3年ほどしかau.ドコモを使っていない場合、キャッシュバックあるいは、割引したいなら、auの保険やipadを契約したり、家族を同じ携帯会社に引き込むからと、auやドコモのサポートデスクに伝えてみます。