三井住友カード

【チャージなしで、日本中で使えるiD電子マネー】オリコカードと三井住友カードを例にして、解説

こんにちは

クレジットカードをレジで定員さんに手渡しするより、やっぱり電子マネーでタッチ決済がサインなしで、時間短縮になってうれしいと実感しているゆずきです。

iDとQuick payは両方共、電子マネーです。それもポストペイ型、つまり、後払い型でクレジットカードと同じ決済方式です。SUICA、ICOCA、nanacoは事前払い方式で、現金と同じと考えてください。

支払い方式は基本的に後払いか前払いかの2つだけですので、覚えておいてください。

そもそもiDはドコモ発祥。Quick payはJCB発祥の電子マネーで、iDのほうが歴史が古いです。いまはドコモユーザー以外でも、iD電子マネーを使用する方法が一つだけあるので、紹介します。

  • au,ソフトバンク、その他u-mobile、楽天ユーザー向け
  • 三井住友カードのiDは、別々型
  • ドコモユーザーだけ
  • オリコカードのiDは、一体型

詳しく話していきます。そもそもドコモユーザーならスマホに内蔵されているので、別途申込みする必要がありません。

しかし、一般的にau,ソフトバンク、その他u-mobile、楽天ユーザーなどではiDを所有することができません。三井住友カードでは、クレジットカード本体と別にiDカードを所有することで、iD決済できます。

クレジットカード申込み時に同時に発行もできるし、クレジットカードが届いてから申込み、所有することもできます。

三井住友デビュープラスカードへの申込みはこちら

 

 

一方、オリコカードはクレジットカード本体にiDとQuick payが、内蔵されています。つまり、別途iDとQuick payを申込みする必要がありません。一体型です。主に使用できる店の一覧です。チェーンでは、クレジットカードが使用できることがほとんどです。

それに付随して、電子マネーであるiDやQuick payが使用できることが多いです。クレジットカード決済できないところでも、電子マネー決済できるところもあります。基本的にクレジットカード決済できるイコール電子マネー決済できると考えてください。

iD(アイディ)が使えるお店

  • サークルK
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • イオンなどスーパー
  • コカコーラ自販機
  • マクドナルドなど他多数

三井住友デビュープラスカードへの申込みはこちら

QUICPay(クイックペイ)が使えるお店

  • ファミリーマート
  • アンスリー
  • ミニストップ
  • ENEOSなどガソリンスタンド
  • イトーヨーカドーなどスーパー
  • 近鉄、阪急、阪神などの百貨店 他多数