三井住友カード

社会人1年目で、三井住友カード【ゴールド版】を初めて申し込んだ理由を解説

こんにちは

年会費無料のクレジットカードは数多くあり、長く運営しているクレジットカードの存在に改めて気づいたゆずきです。

クレジットカードって、VISAやMASTER、AMEX、dinnersなど券種が限定されます。一方、発行会社は年々増加しています。選択肢が多いことは嬉しいようで、実は時間を消費します。

私のクレジットカード発行体験に基づいた体験を話すことで、あなたの貴重な時間を有効活用できます。自然と時間を増えますので、彼氏彼女とのデートに使えますよね!

三井住友カードは長年の発行実績があるクレジットカード発行会社です。と同時にあなたが高校を卒業し、18歳以上の会社員や学生の方に最適なクレジットカードです。

三井住友VISAクラシックカードへの登録はこちら

私が初めて、クレジットカードを申込みしたのは、三井住友カードだった

働いて、3ヶ月くらいしたら、少し給料が入ってきて、6ヶ月後には、何とか仕事を続けられそうだと感じた頃、買い物をする際、クレジットカードがほしくなりませんか?

私は、2003年から働き初めて3ヶ月後くらいに、クレジットカードがほしくなって、三井住友カード【ゴールド版】を申し込みをしました。

2003年に話題になった企業は・・・りそな銀行が誕生。日本郵政公社設立。六本木ヒルズができて、千と千尋の神隠しが大ヒット。世界の中心で、愛をさけぶも大ヒット。色々ありました。そんな時代でした。

申込みをしたものの審査に無事に通り、クレジットカードが発行されるかどうか、不安でしょうがなかったです。申込み後1月後くらいに審査通過し、本人限定受取郵便でクレジットカードとサービス案内のリーフレットを受け取りました。

 

当時は、他にもクレジットカードを申込みすることができました。しかし、2018現在より、選択肢が明らかに少なかったです。年々、多くの提携クレジットカードが増え一方、残念ながら、企業間の提携終了によりクレジットカードサービスが終了する会社もたくさんあります。

それぞれの企業が消えたら、クレジットカードサービスが無くなるのは嫌だなと思って、つぶれにくそうな三井住友カード会社が発行している三井住友カードを申込みしました。

三井住友カードを最初からゴールドカードにした理由とは?

2018年現在も三井住友カードは、ゴールドでないスタンダード版も募集しています。18歳から25歳までの働きはじめの方、限定、女性向け、学生向けのカードがあります。

20代限定ゴールドカードがあったので、カードは「見た目からゴールドのほうがかっこいいかな」という想いで、申し込みし、無事に審査に通り、所有できました。

 

クレジットカードの色は、もちろん気になるところです。しかし、初めてクレジットカードを利用する場合は、無理をせず、スタンダード版のクレジットカードをお勧めします。実際に利用してみないと、クレジットカードの価値を実感できないからです。

多くの人に三井住友カードを所有してほしいという想いが伝わってきます。今思うのは、40歳以上限定のクレジットカードがほしいです。

三井住友カードを途中で解約してしまった理由

所有してから3年くらい経って、他のクレジットカードに目が眩んで、実は三井住友カードを解約しました。三井住友カードは当時もVISAとMASTERカードの2枚所有が可能で、便利な機能もたくさんあります。

そのまま、所有しておけばよかったと後悔しています。解約後、10枚以上のクレジットカードを使ってみました。とはいえ、三井住友カードの方が安心して利用できることに気づきました。2018年現在、改めて気持ちを新たに申込みをして、無事に審査通過し所有しています。

三井住友VISAクラシックカードへの登録はこちら

クレジットカードの種類は100個以上

特に特定のチェーン、電気屋さん、ガソリンスタンド、飲食店などの提携カードは、運営している会社の経営状態や提携先のカード会社との資本関係で、終了することが多いです。

店を積極的に利用してほしいから特典をつけて、クレジットカード発行。そうすることで店の売上、利益拡大をめざします。一方、アメックスやJCBなどのプロパーカードと言われるカードのオリジナルカードはアメックスやJCBが設立してから、ずっとカードを発行し続けています。

発行中止になったことはありません。

アメックス、VISA、MASTERは、アメリカ発祥のカード会社。
JCBは、日本発祥のカード会社。
それぞれのカードブランドは、さまざまな会社と提携して、クレジットカードを発行しています。100種類以上の提携クレジットカードで存在しています。

三井住友カードはVISATとMASTERと提携しています。発行開始後、発行停止になったことはありませんので、安心して所有してみてください。数ある上場企業の中でも、三井住友カード会社は抜群の安定性を誇っています。

三井住友カードのデメリットとメリットとは?

デメリット1、ポイント還元率が低い?

ポイント還元率がスタンダード。1000円で1ポイントが基本。三井住友カードのワールドポイントは、200ポイントから交換できるので、楽天ポイントにすると、5倍の1000ポイントに交換できます。nanacoへの交換なら、3倍の600ポイントに交換できます。

ポイントが貯まる還元率で計算すると、100円で0.1ポイント、つまり、還元率0.1%です。ワールドポイントを交換する先によりますが、ワールドポイントは3倍から5倍の各種ポイントに交換できます。

楽天ポイントへの交換なら実質、ポイント還元率は、0.5%。
nanacoポイントへの交換なら実質、ポイント還元率は、0.3%。

ポイント還元率の標準が0.5%なので、三井住友カードのワールドポイントが低いとは、一概に言えません。しかし、nanacoへの交換など5倍以下への交換は、還元率が低くなるのでお勧めしません。

ポイント5倍で交換できるサービスは、楽天、ヨドバシカメラ、dポイント、ビックカメラ、au wallet、Gポイント、三井住友WAON、ジョーシン、ベルメゾン、中部電力、pointo exchange ぐらいです。

(2018年9月現在)公式サイトで確認してみてください。

デメリット2 審査が厳しい?

銀行系のクレジットカード会社だから、審査が厳しいかもしれない。そもそもクレジットカードを申し込みをして、100%所有できるクレジットカードはありません。住所が不明だったり、携帯電話を持っていなかったり、学生や主婦以外に本人に収入がなかったりすると、審査は落ちます。

私も審査に落ちたことがありますが、理由は同時に3枚申し込みをしたからです。カードを同時に申し込みするのは、多くて2枚がおすすめです。確実に所有したいなら、1枚ずつをおすすめします。

 

たとえば、5月1日に1枚を申し込みをして、5月24日にカードが無事に発行完了。次に申し込みするなら、6月5日以降にすることをおすすめします。なぜなら、クレジットカード発行会社が申込者のカード申込状況を必ず把握するからです。月の上旬、5日までに毎月、CICなどの信用機関の情報が更新されるためです。

仮に、審査に落ちた場合、5月に落ちた場合は、6月に情報が更新されるので、11月まで情報が保持されます。新たに申込する場合は、12月5日以降にしましょう。

デメリット3 申込者の年収などによる申込基準がない?

クレジットカード会社によりますが、年収300万以上、勤続3年以上などの申込基準があります。しかし、三井住友カードでは18歳以上や20歳以上、30歳以上などの基準だけです。明確な基準がある方が安心して申込できますね。

 

良い面としては極端に申込者を絞り込んでいないので、多くの人に申し込んで欲しいとも、捉えることができます。

メリット1 日本人のほとんどが知っているカードブランド

三井住友という会社を知らない人はいないと言うぐらう有名なグループですね。吉高百合子さんのCMでも有名な三井住友銀行、夏菜さんや竹中直人さんのCMで有名なSMBCモビット、そして、千葉雄大くんのCMで有名な三井住友カード。

財布がなくても買い物ができてしまうapple payを紹介しています。

メリット2 セキュリティがアジア1高いと評価

長く安定した運営実績があり、カード利用者に安心して、利用できる仕組みをつくっていることが評価されたのでしょう。国際的な評価も高いことから、より安心して利用できるクレジットカード会社ですね。

メリット3 対象者別に対応したカードがある

18歳から25歳までに対応したデビュープラスカード
26歳以上のスタンダードカードが欲しいなら、クラシックカード
スタンダードカードよりゴールドカードが欲しいなら、ゴールドカード

20代限定のプライムゴールドと30歳以上限定のゴールドカードがあります。
在学中はずっと年会費無料のアミティエカード
ゴールドカード以外は、高校生を除く18歳以上の学生でも申込できます。

 

意外と対象者別のクレジットカードを安定的に発行できているクレジットカード会社は希少ですので、あなたに合ったカードを申し込んでみましょう。私が知る限り、追加カードを最も多く発行できるクレジットカード会社は、三井住友カードだけです。

家族カード、ETCカード、IDカード、pitapaカード、バーチャルカード、WAONカード、Visa payWaveが発行できます。多くのクレジットカードでは、家族カードやETCカードとあともう1種類ぐらいの発行が限度。

しかし、三井住友カードでは、上記のように多くの追加カードを発行できます。しかも、クレジットカード申込時に追加カードを申請しなくても、後から追加カードを申込・発行できます。

三井住友カードのMASTERカードなら、apple payにも対応しています。VISAカードでは、apple payに登録できません。

とはいえ、apple payを使用したいなら、MASTERカードは必ず申込みした方がいいです。やっぱり、VISAカードも欲しいという方も安心です。三井住友カードでは、同時に同じクレジットカードブランドで、VISAとMASTERカードを同時に所有できます。

 

まず、MASTERカードから所有して、やっぱりVISAカードも欲しくなっても、所有できますので安心です。迷ったら、MASETカードから所有する。後から申し込みするのが、面倒なら、MASTERとVISAを同時に所有することをお勧めします。デビュープラスカードはVISAしか所有できません。

しかし、クラシックカードアミティエカードゴールドカードなら、MASTRとVISAを同時に所有することができます。

三井住友カード4種類の比較表

券種デビュープラスカードクラシックカードアミティエカードゴールドカード
対象者18歳以上の方、学生を含む20歳以上の方、学生は不可
年会費1250円+税1250円+税、Aが1500円+税在学中無料20代限定が5000円=+税。30歳以上が10000円+税。
年会費優遇利用回数年1回で翌年度年会費無料WEB明細利用で500円+税を割引
・年6回以上利用が条件
条件なしWEB明細利用で1000円+税を割引・・年6回以上利用が条件
年間利用額300万以上次回年会費が無料次回、年会費が50%OFF
100万円以上次回年会費が50%OFF次回、年会費が20%OFF
ポイント優遇いつでも2倍なしなしボーナスポイントあり
入会特典入会後3ヶ月はポイント5倍初年度は、年会費無料
限度枠10万円〜80万円50万〜200万円
追加カードiD、Apple Pay、WAON、PiTaPaiD、Apple Pay、WAON、PiTaPa、Visa payWave
キャッシング枠0−50万円
支払い日月末締め翌月26日払い(※15日締め翌月10日払いへの変更可能)15日締め翌月10日払い/月末締め翌月26日払い ※選択可
支払い回数 

1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い

三井住友デビュープラスカードへの申込みはこちら

三井住友VISAクラシックカードへの登録はこちら

三井住友アミティエカードへの登録はこちら

三井住友VISAゴールドカードへの登録はこちら

クラシックカードとアミティエカードの違いとは?

1)海外旅行傷害保険

クラシックカードはご旅行代金の一部をカードで支払いで付帯され、
アミティエカードは自動的に付帯されます。

一方、傷害死亡・後遺障害補償は事前の旅費などのカード利用有無により、保障金額が異なります。海外旅行の予定があるなら、アミティエカードをお勧めします。

(2)国内旅行傷害保険 クラシックカードは付帯されませんが、アミティエカードは自動的に付帯。 ただし、事前の旅費などのカード利用有無により保障金額が異なります。

(3)ワールドプレゼントのポイント アミティエカードで「カードご利用代金
WEB明細書サービス」を申込みの場合、 携帯電話料金分のワールドプレゼント
のポイントが2倍。

三井住友VISAクラシックカードへの登録はこちら

三井住友アミティエカードへの登録はこちら

クラシックカードとデビュープラスカードの相違点とは?

(1)海外旅行傷害保険
クラシックカードはご旅行代金の一部をカードで支払うことで付帯されますが、デビュープラスカードは付帯していません。つまり、海外旅行の予定があるならクラシックカードをお勧めします。

(2)ワールドプレゼントのポイント
クラシックカードは1,000円につき1ポイントが付与されます。
デビュープラスカードは1,000円につき2ポイントが付与されます。
デビュープラスカードの場合、入会3カ月は1,000円につき5ポイント付与。

三井住友デビュープラスカードへの申込みはこちら

三井住友VISAクラシックカードへの登録はこちら

(3)継続サンクスポイント カード切替時の特典としてワールドプレゼントのポイントが200ポイント付与。

デビュープラスカードとアミティエカードを同時に所有する方法とは?

デビュープラスカードアミティエカードは、VISA同士で所有することはできないので、デビュープラスカードでVISAを、アミティエカードでは、MASTERを選べば、同時に所有することができます。三井住友カードデスクに確認しましたので、安心確実な情報です。

三井住友デビュープラスカードへの申込みはこちら

三井住友アミティエカードへの登録はこちら